発祥の地 秘話    土佐文旦(とさぶんたん)の起源  

  土佐ぶんたんは高知県の特産柑橘で現在では、早春から春にかけて県下各地の青果店で特産品として売られています。しかし高知県外では、まだまだ名前が知られていないのが現状です。その土佐文旦が何処からきたのかですが、私が生まれて物心ついてからは、もうすでに栽培されていましたので、私にはわかりません。子供の頃は温州みかんより文旦を好んで食べたことを覚えています。

記録によりますと、土佐ぶんたんの原木は昭和4年に設置された高知県農事試験場園芸部(現在の農業技術センター果樹試験場)の玄関に一樹あったそうです。(これは朝倉の高知大学のちょうど西の山の上だと思います)
高知県で栽培されている土佐文旦はすべてこの樹を母樹として増殖したものです。この原木は昭和37年果樹試験場本館建築の際に移植によって枯死した。木の大きさは、樹齢30年幹の周囲65センチ樹高3.4mであった。この原木の発生起源、どこから誰のよって導入されたのかなど、その由来については記録がなくわからない。 この原木から増殖した苗木が土佐市戸波の農家に昭和18年導入されています。
 
導入した農家の宮地氏のお話では、誰も作っていない品種で栽培管理方法もわからず大変苦労をされたようです。また、それ以上に販売も大変だったそうです。知らないミカンを買ってもらうのは本当に大変で、高知市内の青果店で「このミカンは一個売るのにお客さんに一個食べさせぬと売れぬので大損だ。」と言われたそうです。その後、宮地さんの努力と、この土佐文旦の味の良さのおかげで次第に広まり、栽培する農家も増えました。そして高知ではなくてはならない特産柑橘に育ちました。全国的に温州みかんの増産の時代に、土佐文旦の品質と将来性を信じて努力された宮地さんに当地区の文旦栽培農家(私も含めて)は感謝しています。 
ここから土佐文旦栽培が始まったことを記念して、そのことを後世に伝えて行くために 平成7年に「土佐文旦発祥の地 記念碑」が建立されました。

品種の特性

  土佐ブンタンの外観はちょうどグレープフルーツによく似ています。大きさは小さいもので300グラムくらいから温室ブンタンの大きいものでは900グラムぐらいになります。
品種の特性としては晩成柑橘です。露地栽培では5月に開花年をして夏の日差しを浴びて成長します。そして年を越して完熟する果物です。しかし暖かい高知と言っても厳寒期の寒さの害を受けることがありますので、年末から年明け早々には収穫をしています。その後、少し貯蔵をして追熟させて出荷をします。

果皮の色は温州みかんのようなオレンジ色ではなく、黄色に熟します。黄色の柑橘の甘さは蜂蜜と同じ成分の果糖ですので、果糖の上品な甘さと酸味とのバランスで一度食べると忘れられないおいしい味を感じてもらえると思います。
食べる部分は中の果肉です。果肉以外の部分には苦みがありますので、果肉だけを食べます。水晶ブンタンやグレープフルーツなどと比べると果肉がしっかりしておりますし、果肉だけが簡単にれますので食べやすい果物だと思います。  (下の写真参考) 

 
土佐ブンタン 専門 高橋農園 トップへ
      

Copyright (C) 2000−2010 土佐文旦専門 高橋農園  All Rights Reserved.