高橋農園の観光地紹介 




         
 平成15年6月22日(日曜日)   2回目   

一回目の訪問時より、だいぶ時間が経ち変わったところがあるかなと思って、久しぶりに行ってみました。
展示物など特に大きな変化はなく、きれいな施設のままであまり年数が経ったことを感じませんでした。
川向かいの駅に温泉施設(ぽっぽ温泉)、が出来ていました。

前回の訪問時より大きく成長した子供たちは、初めてきたような感じでたいへん喜んでいました。
お魚館を見学した後、レストランで昼食を取り、ガラス館で 風鈴をおみやげに買って帰りました。


おさかな館だけど フクロウも ・・・


         
 平成9年6月8日(日曜日)


 5月のゴールデンウィーク期間中に一度訪れたのですが、ものすごい混雑で駐車場に車を入れるのに数時間待ちの状態でした。幸い私たちは朝早かったので、良かったのですが、午前10時の開館までに入館待ちの長い行列ができました。私たちは小さい子供もいますので、そのときは残念ですが「また出直してこよう」とゆうことであきらめて、近くの滑床渓谷ともりのくにホテルによって帰りました。

 

今回はそのときの子供との約束もあってお魚館に行って来ました。



 





愛媛県宇和島市の隣の北宇和郡松野町にあります。 
最後の清流四万十川の中流域で公園も川沿いにあり、大変よく整備されたきれいな公園でした。

 

公園の概要


 公園の施設はメインとなる四万十川の川魚やその他の淡水魚を集めた水族館「お魚館」と、ガラス製品の製作工程が見学できる「ガラス工房」です。 それにレストランと地場産品の販売コーナーがありました。
  お魚館には巨大なアカメ(四万十川に住んでいる淡水魚)やその他沢山の魚がいます。私たちが小さい頃近くの川に入って追い回した魚もいました。 
ガラス工房は観光地にある世界のガラス館ほどの規模ではありませんが、沢山のガラス製品の販売もしていました。オリジナルの製品もありました。風鈴がかわいかったです。 
公園内には水と親しむいくつかの遊具もあり子供と一緒に楽しみました。 
       お魚館前にて        大水槽の前でポーズを取る次女         公園内にある遊具

感想  

 都会にあるような大規模な施設ではありませんが よくまとまっていると思います。昔、川の中の石の下に手を入れて捕まえた魚を見て、こどもの頃を思い出しました。
地元の産品の販売コーナもあり近くの方の暖かみも伝わってくるような感じで大変良かったです。 


虹の森公園お魚館の場所 と開館時間 問い合わせ先

開館時間  AM10:00からPM5:00まで     
毎週水曜日休館 (ただし夏休み中は休まないそうです)   

問い合わせは  0895−20−5006虹の森公園まで



トップへ

Copyright (C) 2000−2010 土佐文旦専門 高橋農園  All Rights Reserved.