こちらは高知県土佐市にて土佐文旦を栽培している高橋農園のホームぺージです

令和5年度露地土佐文旦の生育状況

このページでは、高橋農園で栽培している露地の土佐文旦の現在の状態や、今年の出来具合を順次アップしています。
収穫までの成長の様子をご覧いただきご購入の際の参考にしてください。

他の年の生育状況はこちら ▶ 2021 2022 2023

5月

GW真っ只中。無事受粉が出来ました。

授粉作業

園主娘の希実です。今年は4月に暖かい日が多く花の咲きも早かったように感じます。春先の寒さなどに襲われることもなく、花の数も多く安心しました。例年GW後あたりがピークとなる授粉作業ですが、今年は連休真っただ中となりました。雨の日は作業ができないので、天気のいい日は家族総出で、お手伝いいただいている地元の方たちと一緒に文旦の山へ向かいました。

花の柱頭に小夏の花粉を手作業で1つ1つ付けていきます。木のコンディションや天候によって、付けた箇所が必ず結実するとは限らないので、木の周りを回り、時には木に登ったりしながら、まんべんなく行います。

授粉する園主

5月といえど晴れの日は日差しが強く、園主も日焼け対策で最近は帽子をかぶっています。(写真)80代半ばの祖父母も、「毎年出来んことが増えゆ」と言いながらも、今年も花粉の採取から道具の準備、実際の授粉作業までこなしてくれました。杖をつきながらも山の斜面で作業をする姿には脱帽です。ここから熱中症にならんように注意せないかんね!


トップへ