こちらは高知県土佐市にて土佐文旦を栽培している高橋農園のホームぺージです

令和6年度温室土佐文旦の生育状況

このページでは、高橋農園で栽培している温室(ビニールハウス栽培)の土佐文旦の現在の状態や今年の出来具合を順次アップしています。
収穫までの成長の様子をご覧いただき、ご購入の際の参考にしてください。

他の年の生育状況はこちら ▶ 2021 2022 2023

1月

収穫後の剪定を行いました

剪定作業の様子

12月頭から1月10日頃までの温室土佐文旦の発送が終わり1月も半ばとなりました。令和5年冬の温室土佐文旦は果肉も柔らかくて甘みも濃く仕上がり、お客様からもご好評いただきました。嬉しい限りです。ご購入いただいた皆様ありがとうございました。

収穫後の最初の作業は剪定です。木全体のバランスを見ながら余分な枝を切り落とし整えていきます。

切り落とした枝

枝や葉の数を整えることによって日の当たりや風通しが良くなり、病気などの発生も防げ、よい成長につながります。木によって樹勢も異なり、コンディションによって残す必要のある葉の数も異なってくるので、コツを掴むまでなかなか難しい作業です。

写真の通り切り落とした枝がたくさん。枝葉捨てずに粉砕機で細かくチップにしてまた土に戻します。

今年もまた美味しい文旦を作れるよう日々の作業に取り組みたいと思います!


トップへ