温室土佐文旦(おんしつとさぶんたん)の栽培管理
令和3年度 (2021年)  の状況   

今年もがんばっておいしい温室土佐文旦を育てます。このページでは高橋農園で栽培している温室土佐文旦の現在の状態、今年の出来具合を順次アップしていくつもりです。収穫までの成長の様子を楽しみにご覧ください。また、今年の出来具合を見て、ご購入、ご検討の参考にしてください。
水はけ抜群 の高橋農園 温室

上に新しい情報を追加していきます。
下に行くほど季節がさかのぼります。


●2月 暖房を開始 
暖房開始

 新芽が伸び始めました

一足早く春が到来

左の写真は花芽です。

新芽が出はじめて最初に心配するのは「花が付いているかなー」 です

文旦は永年作物なので前年の作柄の影響を大きく受けます。たくさん美味しものが実った翌年は、どうしても樹体が弱り花付きが悪くなります。ひどくなると一切花がないという場合もあります。今年はボツボツと花芽が見えています。
果実一個が大きいのでたくさんは必要ありません。花付き具合は上々だと思います。
●1月年明けから選定作業を行いました
剪定枝の処理を例年通りチッパー粉砕機を用いて剪定枝を粉々にして有機物の補給に使います。
堆肥もいつもの年と同じように施用しました。

今年も美味しい温室土佐文旦が収穫できるように応援してくださいね。

トップへ