温室土佐文旦(おんしつとさぶんたん)の栽培管理
平成30年(2018年)  の状況   

今年もがんばっておいしい温室土佐文旦を育てます。このページでは高橋農園で栽培している温室土佐文旦の現在の状態、今年の出来具合を順次アップしていくつもりです。収穫までの成長の様子を楽しみにご覧ください。また、今年の出来具合を見て、ご購入、ご検討の参考にしてください。
水はけ抜群 の高橋農園 温室

上に新しい情報を追加していきます。
下に行くほど季節がさかのぼります。



● 4月20日 今シーズンも摘果作業を始めました  5月末まで続きます
摘果は果実の生長に沿って数回に分けて行います。一度目の摘果を終えて分他の下からのぞいてた様子 

園主の古いガラケイで撮影したため左のような写真ですみません
きれいな果実ですが、一カ所に多く結実している場合があるので除きます。
土佐文旦では大きな果実を作るために
必ず行わなければならない重要な作業です。
● 3月受粉作業を始めました
3月8日より受粉作業を始めました
すっきり剪定していた状態から、新芽が伸びてご覧の通り。 被さり枝があると日当たりが悪く悪くなり、受粉後の生理落果が増える傾向にあるため、上部の被さり枝を剪定ばさみで除去します。
新芽の間につぼみがあります。


今年も美味しい温室土佐文旦が収穫できるように応援してくださいね。

トップへ